pas à pas

日々一歩一歩 丁寧な手作り生活のブログ

XO醤て何?どうやって使おう・・・?

xo sauce

 

先日親友から、「これで美味しい料理作って!食べに行くから!」と、香港のお土産として、XO醤をもらいました。

「わーい、ありがとう。めっちゃ嬉しい」と言いつつも、買ったことも使ったことも無い調味料・・・。

XO醤て何?!

そもそもXOて、何を意味してるの?!

ということで、XO醤についてお勉強してみました。

スポンサードリンク

 

XO醤って何?

そもそも何なのか、というところから確認してみましょう。

XO醤ができたのは

XO醤(エックスオージャン)は、1980年代後半に香港で考案された、高級食材をふんだんに使った調味料です。割と最近の調味料なんですね。

開発したのは、香港のペニンシュラホテルの広東料理レストラン、「嘉麟楼」の料理長さん。

ちなみに、日本に広めたのは、あの周富徳さんなんですって。

主な材料

干し貝柱
干しエビ
塩漬けの魚
金華ハム
にんにく
生姜
唐辛子
など

こう見ると、高級食材がたっぷり入っています。さすが、高級ホテルレストラン発祥の調味料。

自家製XO醤を作ろうと思うと、結構お金がかかりそうですね・・・。

XOの意味

材料からも分かる通り、最高級な調味料です。
そこで、ブランデーの熟成年数を表す符号「グレード」を借りて、最高級の調味料であることを表そうと、考案した料理長さんは考えました。

ブランデーは、VO(Very Old)、VOSO(Very Superior Old)、VSOP(Very Superior Old Pale)、VVSOP(Very Very Superior Old Pale)と続き・・・

最高級品ブランデーとして「XO」(eXtra Old)があります。

最高級品に合う名前はこれだ!と決まったのが、「XO醤」の名前の由来です。

ブランデーは熟成年数を表していますが、XO醤は違います。何十年も熟成させて作るものではありませんので、あしからず・・・。

どうやって使うの?

炒め物との相性ばっちりです。野菜炒め、チャーハンなどがおすすめです。
旨味はばっちりですが、味付けとしては少し物足りないので、XO醤大さじ2と、醤油小さじ1、好みで塩加減を変えてみてください。
これで大抵の炒め物が美味しくできます!

炒めて使う調味料としてだけでなく、そのままご飯に乗せて食べるのもアリです。
香港や台湾では単品でメニューに載っていることもあるくらいなんです。

さらに、手作りシューマイの具に混ぜるのも美味。干し貝柱の旨味が、プロの味のシューマイに仕上げてくれます。

あとは、冷奴にかけて、少し醤油をたらして食べるのも夏にはいいかもしれません。

この記事書いてたら、お腹が空いてきた・・・(笑)

 

簡単に使える調味料ではありますが、高級品であることも事実。
ネットでXO醤を買っても、80gで700円近くしますしね・・・。

李錦記 海鮮XO醤(80g)【李錦記】

でも、干しエビ、干し貝柱の旨味が、普段の炒め物を格段にレベルアップさせてくれるので、オススメです。

私は、料理のレパートリーが増えて大満足。
くれた親友に大感謝ですね。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。 * が付いている欄は必須項目です。