pas à pas

日々一歩一歩 丁寧な手作り生活のブログ

漆器の洗い方 お手入れの気をつけるポイント

 

お正月シーズンだけしかお目見えしない漆器類ってありませんか?

我が家では実家からもらってきた、輪島塗のお椀とか、春慶塗の重箱とかがあります。
漆器は手入れが大変、て良く聞きますし・・・
大切に使いたい漆器だからこそ、お手入れ方法を間違えたくない><

とにかく湿ったまましまわないこと。

これだけは確実ですが、他に気をつける点がありそうですよね。

今回は、自分の備忘録用に漆器のお手入れ方法を書き留めておきます。

スポンサードリンク

扱いづらい印象のある漆の食器ですが、かなり長持ちするイメージがあります。
つまり、お手入れ方法さえ間違えなければ、丈夫な食器ということです。

調べたところ、飲める程度の熱さであればお湯にも強いし、酸にもアルカリにも漆の塗膜は強いらしい。
つまり、酢や油ものが入っていても大丈夫ということ。

やっぱり食器としての強さは間違いないみたいですね。

では、逆に何に弱いのか・・・?

弱点は、乾燥と直射日光。電子レンジも不可。水につけたまま長い間放置もだめ。
沸騰したお湯とかは白く変色する可能性があるので避ける。
食器洗浄機も不可。
柔らかいスポンジなど以外での洗浄。(表面を傷つけるものはNG)

直射日光に当てることはほぼ無いと思われるので、いいとして。
「乾燥」は意外だったかも。

しまうときには、極度に乾燥しないようにするといいらしいですよ。

長く使わない場合は、棚に少し水の入ったコップを置くといいらしい。
しまうなら、上の方より下の方に置くと良いらしいです。湿気は下に行くんですって。
知らなかったなぁ。

下記、注意点をまとめておきますね。

◆洗う時
ガラスや陶器とは別にして、優しく柔らかいスポンジで。
台所用の中性洗剤は使ってOK。
洗い終わったら自然乾燥ではなく、乾いた布巾で優しく拭く。
重箱などは角などもよく拭いておく。

◆保管する時
直射日光の当たらない食器棚に収納。
重ねる時は、漆器と漆器の間に布や紙をはさむ。

冷蔵庫に入れると乾燥しすぎる場合があるので、その点は要注意。
少しだけ保管などに留める方が良さげです。

意外とそんなに面倒なお手入れではなくてよかった(笑)

本当な毎日使うほうが乾燥しなくていいのでしょうが・・・
やっぱり、お正月セットは普段使いできません・・・(小心者)

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。 * が付いている欄は必須項目です。